逮捕や被害者との示談でお悩みの方へ
  • HOME »
  • 児童買春「示談をしてほしい」

児童買春「示談をしてほしい」

児童買春の罪でお悩みの方へ。示談で穏便に解決できるケースがあります。刑事弁護士にご相談者のトラブルを相談することで、逮捕や刑罰の悩みから解放されて、平穏な日常生活を取り戻すことができます

よくある弁護士相談

先週、名古屋市の名古屋駅付近でナンパをしました。ショートカットがよく似合う中学生くらいの外見の子でしたが、話をすれば、高校3年生、17歳だとか。しかし今、その子の件で悩んでいます。

私は、去年大学を卒業して就職したばかりの24歳で、意外と彼女と年齢が近いことを知り、テンションがあがりました。口説いていたら、彼女も乗ってきたので、一緒に食事に行きました。食事後、彼女としたくなって、自宅に行かないか誘ったら、彼女は「買い物に行きたいんだけど」と言います。ショッピングに付き合って、欲しい物を買ってあげればイケる、と思い、駅前のデパートに行きました。ブランド物の2万円のバッグを買ってあげると、思った通り彼女は私の家についてきました。

それで、やることやって、彼女に交通費として2千円をあげて「また会おうね」と言って別れたのですが、驚いたのはその後です。

彼女の父親から、私に電話があって「俺の娘に何したんだよ。バッグ買ってやったらしいな。自分のやったことわかってるのか。児童買春だぞ。」とかなりきつい口調で責めてきました。とっさに私は謝りましたが、彼女の父親が私に「娘の心の傷をどう埋めるんだよ。」と彼女の父親は更に責め立ててきました。

どうするか考えてまた連絡する、ということで電話は切りましたが、私はどうしたらいいでしょうか。私のやったことはやはり児童買春で犯罪なのでしょうか?彼女の父親にお金を払い、示談というのをした方がいいのでしょうか?

大学を卒業して就職したばかりなので、警察沙汰は絶対に避けたいです。穏便に解決できればと思っています。

よくある解決パターン

娘の児童買春を知った父親に怒鳴られ、話し合いがまとまりそうになかったので、アトムの弁護士に事件を依頼しました。事件を依頼する前は、相手の父親からの電話攻撃でノイローゼになる寸前でしたが、事件を依頼した後は、交渉はすべて弁護士に一任することができ、いつも通りの日々を送ることができました。相手の父親も弁護士が間に入った後は態度が大人しくなり、無事に示談も成立しました。示談がまとまったことで、最終的に事件は警察沙汰にもならず、ほっとしました。今後は二度とこのようなことはしないと心に誓っています。

刑事弁護士からのアドバイス

ご相談者の「17歳の高校生にバッグやお小遣いを渡してセックスした行為」には、児童買春の罪が成立します。ご相談者が相手と比較的年齢の近い24歳だったとしても、上記の行為は児童買春に当たります。

もし「就職したばかりなので穏便に解決したい」「警察沙汰は絶対に避けたい」というのであれば、あらかじめ示談を進めるのも一つの方法です。

警察が入ってくる前に、当事者間で穏便に事件を解決することができれば、逮捕されることもありません。児童買春の事件は、被疑者を逮捕して捜査を進めることが多いため、示談により逮捕を回避できるメリットは非常に大きいです。

示談をする際は、きちんと法律的な書面を残すことが大切です。いい加減にお金だけ払ってしまうと、後日また追加でお金を請求されたり、示談をしたつもりでも後で刑事事件になってしまったりする場合があります。

刑事事件専門のアトムの弁護士相談を受ければ、ご相談者は、児童買春の示談の進め方について正しい方法を知ることができます。また、アトムに事件を依頼すれば、ご相談者は、弁護士に示談交渉の一切を任せることができます。当事者同士の交渉だと感情的になりトラブルが複雑化する恐れがあるので、弁護士を立てて対応するのがベストです。

弁護士コラム「児童売春事件の慰謝料・示談金の相場」

児童売春に関するトラブルで示談を締結する場合、慰謝料や示談金(以下、一括して示談金で説明を進めます)に相場というものはあるでしょうか?

刑事トラブルにおける示談は、相手方との合意で成立します。示談金の額も、相手との合意によって定まります。「示談金の額はこれこれにしなければならない。」というルールは存在しません。

そのため、児童売春トラブルの示談金の額は、事案によってケースバイケースです。おおよその相場は存在しますが、その相場から大きく離れた示談も数多く存在します。

相手側(特に保護者)が怒っていれば、比較的高額の示談金でないと示談がまとまりません。これに対して、相手側にも早く示談をまとめてしまいたい事情がある場合は、比較的低額でも示談が成立するケースが多いです。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

児童買春のよくある相談

児童買春でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

児童買春・援助交際事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、被害者や相手方対応との関係で、法律的な知識や知見よりも、実際の弁護活動のタイミングが重要になってくるからです。

相談のタイミングはできるだけ早く

そのため、もし児童買春・援助交際事件でお困りの方がいれば、できるだけ早いタイミングでご相談ください。アトム法律事務所が運用する「LINEで弁護士に無料相談」のサービスを使えば、ご自宅からご相談者の都合のよいタイミングで相談することができ非常に便利です。

弁護活動の依頼は慎重に

もっとも、実際に弁護士に依頼するかに関しては、慎重に決定してもらって大丈夫です。事件を依頼するとなると、多額の弁護士費用が発生しますし、弁護活動についての弁護士との信頼関係維持が大切になってきます。色々な弁護士を比較して、一番信頼できて便利な弁護士を選んでください。

依頼後は、弁護士が即日活動スタート

弁護活動のご依頼を受けた後は、アトム法律事務所では、弁護活動の即日スタートを原則としています。なぜなら、特に児童買春事件においては、その解決は時間が勝負で、弁護活動に着手するタイミングが重要になってくるからです。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

児童買春のよくある相談

児童買春でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

児童買春・援助交際事件の解決は時間が勝負です。なぜなら、被害者や相手方対応との関係で、法律的な知識や知見よりも、実際の弁護活動のタイミングが重要になってくるからです。

相談のタイミングはできるだけ早く

そのため、もし児童買春・援助交際事件でお困りの方がいれば、できるだけ早いタイミングでご相談ください。アトム法律事務所が運用する「LINEで弁護士に無料相談」のサービスを使えば、ご自宅からご相談者の都合のよいタイミングで相談することができ非常に便利です。

弁護活動の依頼は慎重に

もっとも、実際に弁護士に依頼するかに関しては、慎重に決定してもらって大丈夫です。事件を依頼するとなると、多額の弁護士費用が発生しますし、弁護活動についての弁護士との信頼関係維持が大切になってきます。色々な弁護士を比較して、一番信頼できて便利な弁護士を選んでください。

依頼後は、弁護士が即日活動スタート

弁護活動のご依頼を受けた後は、アトム法律事務所では、弁護活動の即日スタートを原則としています。なぜなら、特に児童買春事件においては、その解決は時間が勝負で、弁護活動に着手するタイミングが重要になってくるからです。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。